2021年3月

  • 2021.03.09

季節の花言葉

* 季節の花言葉をご紹介していきます。 ・ ハナズオウ ・ 花言葉: 裏切り / 不信仰 ハナズオウ属は北半球温帯に数種が分布する。地中海付近原産のセイヨウハナズオウ は落葉高木で 高さ10mほどになり、イスカリオテのユダがこの木で首を吊ったという伝説から ユダの木とも呼ばれる。このほかアメリカハナズオウ (C. canadensis) などが栽培される。 葉はハート形でつやがあり、葉柄の両端は少 […]

  • 2021.03.08

季節の花言葉

* 季節の花言葉をご紹介していきます。 ・ イカリソウ ・ 花言葉: 君を離さない /  旅立ち 和名イカリソウは、漢字で「錨草」と書き、花の形が和船の錨に似ていることに由来する 茎の先が3本の葉柄に分かれ、それぞれに3枚の小葉がつくため、 三枝九葉草(さんしくようそう)の別名があり 地方によって、カグラバナ、ヨメトリグサともよばれる。 根茎は横にはって多数のひげ根を出す[6]。草丈は20  […]

  • 2021.03.07

季節の花言葉

* 季節の花言葉をご紹介していきます。 ・ ハナビシソウ ・ 花言葉: 富 / 成功 / 私を拒絶しないで 明治時代に渡来し、家紋の花菱に似ているために、この名がある。同属植物は8-10種あり、 いずれもアメリカ合衆国西部に分布している。 ハナビシソウは、草丈60cmくらい、茎は根元からよく出て株立ちになり、葉は掌状に3裂する 4月から5月にかけて、花径7-10cmくらいの4弁花を開く。花色は、濃 […]

  • 2021.03.06

季節の花言葉

* 季節の花言葉をご紹介していきます。 ・ ニゲラ ・ 花言葉: 当惑 /  ひそかな喜び クロタネソウ属は、キンポウゲ科の属の1つである。学名の「ニゲラ」としても知られる。 学名は黒いという意味のラテン語Nigerが語源となっている。 南ヨーロッパ、中東、南西アジアに自生する一年草で、花の色は白、青、黄、ピンク色、薄紫など 原種の花弁の数は5〜10枚。葉は細裂する。その名の通り、花後に結実して黒 […]

  • 2021.03.05

季節の花言葉

* 季節の花言葉をご紹介していきます。 ・ ツクシ ・ 花言葉: 向上心 /  意外 / 驚き 春に、地下茎からツクシという胞子茎(または胞子穂、胞子体)を出し、胞子を放出する。 薄茶色の円柱形で中空、「袴(はかま/ハカマ)」と呼ばれる茶色で輪状の葉の変形物が鞘状になって、 茎を取り巻いている。頂には六角形の胞子が密生する茎の部分を覆っている皮のことで、 ツクシの場合は土中から生えるときに穂先など […]

  • 2021.03.03

季節の花言葉

* 季節の花言葉をご紹介していきます。 ・ リナリア ・ 花言葉: この恋に気づいて 茎先に穂状の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、 青や紅紫色をした唇形の花をたくさんつける。 本種やマロッカナ種をベースにした種間交配が盛んに行われ、花の色も赤、ピンク、紅紫色、黄色、白など多彩である。 葉は幅の狭い披針形で、互い違いに生え(互生) 花の後にできる実は球形のさく果(熟すると下部が裂け、 […]

  • 2021.03.02

季節の花言葉

* 季節の花言葉をご紹介していきます。 ・ アザレア ・ 花言葉: 節制 / 禁酒 / 恋の喜び もともと台湾のタイワンツツジをベルギーのプラントハンターによってベルギーにもたらされた物を中心に、 ケラマツツジ、サツキの園芸品種などと複雑に交雑させて園芸品種群として成立した。 後に日本に輸入されたものが、通称:アザレアである。元来ツツジ類を海外では単に Azalea と呼ぶため、 本項の植物群の物 […]

  • 2021.03.01

季節の花言葉

* 季節の花言葉をご紹介していきます。 ・ レンゲソウ ・ 花言葉: あなたと一緒なら苦痛がやわらぐ / 心がやわらぐ 湿ったところに生える。全体に柔らかな草である。 茎の高さ10-25 cm。根本で枝分かれし、暖かい地方では水平方向に匍匐して60-150 cmまで伸びる場合もある。 茎の先端は上を向く。また、根本から一回り細い匍匐茎を伸ばすこともある。 葉は1回羽状複葉、小葉は円形に近い楕円形、 […]